概要

設立の趣旨

アジアにおいて初めてウレタンフォームの生産が開始されてから60年の節目を迎え、以来、ウレタンフォームの用途は、生活用品から物流、自動車部品、情報機器へと多方面にわたり多様な展開を遂げてきました。ポリウレタン業界は、更なる開発によって今後も産業の発展に大きく貢献していくことが期待されると同時に、安全・環境・クリーン・エコロジー・省エネなどの環境問題に直面しており、地球環境保全といった社会的な要請、課題に業界全体で応えていく必要があります。
将来のポリウレタン産業の発展のためポリウレタンの研究の更なる発展、人材の育成をめざし設立されました。

目的

ポリウレタンに関する新技術・ポリウレタンの地球環境への負荷低減等人類のポリウレタンの活用の拡大に寄与する研究・開発を行う研究機関や個人に対する助成、そのための研究人材の育成、およびこれらに関係する研究集会の主催・共催を通して、世界の高分子分野に寄与することを目的とする。

事業内容

  1. 研究の助成
    ポリウレタン技術の発展および環境に優しい研究開発等に貢献している・貢献していると判断されている大学、研究所、個人等の研究機関に対し研究補助金を支給する。
  2. ポリウレタン技術に関する研究フォーラムの主催・共催および協賛
    ポリウレタン国際フォーラム等のポリウレタン研究発表に関する会合を主催・共催または協賛することにより、その費用負担を行う。

沿革

2014年12月01日 一般財団法人 ポリウレタン国際技術振興財団設立
2015年05月18日~19日 ポリウレタン国際フォーラム2015開催
2016年02月18日 ポリウレタンフォーラム「ポリウレタンを考える17」協賛
2016年03月 第一回研究助成金支給
2016年06月 第二回研究助成募集開始
2017年03月17日 ポリウレタンフォーラム
「ポリウレタンを考える18」共催
2017年03月 第二回研究助成金支給

研究助成金受賞者リスト

第一回 研究助成金受賞者リスト

第二回 研究助成金受賞者リスト